再発抑制療法

私どものクリニックは、日本でも数少ないヘルペス(性器ヘルペス)の臨床研究機関でもあり、年間400人前後、1993年から2007年までで6,246例のヘルペスの患者さんの治療に関わってきました。

性器ヘルペスの大きな問題は、「回帰性発症」といい、再発を繰り返すことです。

再発の頻度は、人それぞれですが、年間に1?2回の方から、多い場合は、毎月2?3回も症状に悩まれている患者さんもいます。

再発の原因は、多くは抵抗力の低下したとき、たとえば、風邪を引いた、忙しく疲れている、不眠が続いた、などですが、中には飲酒、日焼け、性交渉、生理周期などと関連していることもあります。

再発抑制療法

また、再発を繰り返すこと自体が精神的なストレスとなって、自身の免疫力を低下指している場合も見られます。

当院は、日本でも数少ないヘルペス(性器ヘルペス)の臨床研究機関でもありヘルペスの新薬の治験や新しい診断法の開発をおこなってきました。

再発をさせないための再発抑制療法の治験等にも協力しておりましたので、再発等にて悩まれている方またパートナーなどへ移してしまうなど心配されている方は、来院の上、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約