ヘルペス

  • HOME>
  • ヘルペス

性器ヘルペスとは?

ウイルスに感染することで起こる性感染症です

ウイルスに感染することで起こる性感染症です

性器ヘルペスは性的な接触によりウイルスが感染して起こる性感染症(STD)の1つで、「単純ヘルペスウイルス2型」が原因菌となります。ヘルペスウイルスはとても身近なウイルスで、単純ヘルペスウイルス2型は日本人のうち5~10%の方が感染しているとされていて、性器ヘルペスは決して珍しい病気ではなく、誰にでも起こり得るありふれた病気だと言うことができます。

性器ヘルペスの症状

性行為によって単純ヘルペスウイルス2型に感染した後、4~10日程度の潜伏期間を経て性器に赤いブツブツや水ぶくれができたり、潰瘍(皮膚がただれ)ができたりします。初感染の場合、強い痛みや発熱などをともなうことが多いのに対して、再発の場合には小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけで済むことが多いです。

性器ヘルペスの検査・診断について

性器ヘルペスの検査・診断は難しい

性器ヘルペスの検査・診断は難しい

性器ヘルペスは性感染症の中でも特に検査・診断が難しい病気です。例えば、性器クラミジア感染症であれば、女性ではおりものの検査、男性では尿検査でほぼ確実に診断できますが、性器ヘルペスの場合、よく似た病気がたくさんあるため専門医でも診断に迷うことがあります。

これまでに様々な病気の可能性を言われてたらし回しにされる患者様や、診断がつかず確信が持てないまま違った治療が行われているケースをたくさん見てきました。また、性器ヘルペスと診断されたものの、本当は別の病気だったりすることもよくあります。

大阪市中央区心斎橋の早川クリニックでは、こうした現状を目の当たりにして「何とかしなければ」「簡単に検査できる方法はないか?」と思い、従来よりも簡単でその場で検査結果がわかる検査キットを開発しました。

当クリニックが開発した検査キット

従来の性器ヘルペスの検査では、検査会社に依頼して結果が出るまでに1週間程度かかり、しかも検査感度が30%程度しかありませんでした。従って、陰性だった場合、性器ヘルペスではないと言い切れないため、別の病気の可能性を考えて色々と治療しなければいけませんでした。

しかし、当クリニックが開発した検査キットなら簡単に検査が行えて、15分程度で検査結果が出るので、陽性となったらすぐに治療が開始できます。しかも検査精度が高いので、確信を持って治療することができます。

性器ヘルペスではスピーディな診断・治療が重要となります

性器ヘルペスは急性の病気なので、迅速に適切なお薬を処方することが大事です。検査結果が出るまでに1週間程度かかると、その間に病状が悪化したり、症状に悩まされたりするなど、患者様がつらい思いをすることになります。特に女性の性器ヘルペスは重症化しやすく、痛みなどの症状も強く現れやすいので、スピーディな診断・治療が重要となります。

全国の2000箇所程度の施設で採用

検査キットを開発してから4年くらい経ちますが、現在、全国の2000箇所程度の施設で採用されています。かなり広まりつつありますが、今後も啓蒙活動を続けて広く活用していただける状況を作り上げたいと思っています。

性器ヘルペスの治療

主に薬物療法で症状の抑制・改善をはかります

性器ヘルペスの治療では、主にウイルスが増えるのを抑える働きがある「抗ヘルペスウイルス薬」を使った薬物療法を行います。抗ヘルペスウイルス薬には飲み薬や塗り薬などの種類があり、症状が現れている部位や程度などに応じて適切に使い分けます。

現在、性器ヘルペスに対してよく効くお薬があり、副作用も抑えられていますので効果的に治療することが可能です。

性器ヘルペスは一生付き合い続けなければいけない病気です

現在の医学では潜伏するヘルペスウイルスを駆逐することはできないため、性器ヘルペスとは一生付き合い続けることになります。またいったん治っても再発することが多く、疲れがたまった時などに再び症状が現れる場合があります。平均して年に3回程度症状が現れ、多い方だと毎月現れることもあります。

つらい症状に加えて、「いつ再発するかわからない」「パートナーにうつしてしまうかもしれない」という不安は患者様を悩まし、ストレスとなるでしょう。しかも、なかなかまわりの人に相談できないので、お一人で抱え込まれることも多いです。

今では再発を抑える治療方法もあります

このように再発を繰り返すという特徴のある性器ヘルペスですが、今では再発を抑える治療方法があります。たとえヘルペスウイルスを駆逐できなくても、「自分で症状がコントロールできる」となれば、それだけで安心できるものです。「来月、症状が起こるかも…」という不安も解消されるはずです。

性器ヘルペスの治療は当クリニックまで

日本でも数少ない性器ヘルペスの臨床研究機関です

当クリニックは日本でも数少ない性器ヘルペスの臨床研究機関で、全国から大勢の患者様がご相談に来られていて、これまでに数多くの治療に携わってきました。性器ヘルペスは性感染症の中でも専門領域にあたり、豊富な知識・経験を持つ医師でないと検査・診断が難しく、「ただお薬を渡すだけ」という治療で終わることもあります。

当クリニックが開発した検査キットで迅速・確実に診断し、適切な方法で治療するとともに、再発を抑えるための治療を行い、性器ヘルペスとどう上手く付き合っていくかをアドバイスさせていただきます。こうした専門的な検査・診断・治療が行えるのが当クリニックの強みです。性器ヘルペスでお悩みの方は是非、お気軽にご相談ください。

『ヘルペスの臨床研究にご協力いただける方を募集しています。(※詳しくはこちら)』

CONTACT

お問い合わせ

あなたに最適なケアを提案します。

どんな些細なこどでもご相談下さい。

Tel:06-6245-2100

診療時間: 9:30~12:40 / 15:15~18:00

06-6245-2100

WEB予約