カンジダ

私たちの皮膚の表面には、様々な微生物が付着しています。無害なものもあり少数な場合は、症状がありません。このような皮膚や粘膜に常在する微生物の中に真菌というカビの一種があります。

このなかで特に、CANDIDA ALBICANS(カンジダ アルビカンス)と呼ばれるものが繁殖すると、皮膚や粘膜にかゆみや痛みが感じられます。

女性の場合、月経の前後、運動や水泳など高温多湿にて蒸れた場合、風邪などにて抗生物質を服用した場合などに外陰部?肛門周辺にかゆみが出現し、白色?黄白色のおりものが増加します。

カンジダ

治療は、局所を清潔に保ち、風通しのよい清潔な下着を着用すること。約2週の間、膣洗浄のうえ薬を挿入し、抗菌剤クリームを塗布します。内服薬も併用する と一層効果的です。通常は直接感染することはありませんが、包茎の男性から性交渉などにより感染することもあります。

再発を繰り返すカンジダ膣炎
(recurrent vulvovaginal candidiasis RVVC)

一般婦人科領域でも、非常の多くの女性が悩まれている病気です。
原因は多岐にわたり特定することは困難ですが、元来皮膚の弱い方や免疫力が低下した場合に再発することが多いです。
高温、多湿な環境で急速に増殖する菌ですので、おりものシートやナプキンなどは頻繁に交換することや、通気性のよい衣服を着用することも再発防止になります。また、短期治療を繰り返すことも非常に有効とされています。再発を繰り返される方はまず来院の上、ご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約