性感染症(STD)

性感染症とは

性感染症とは、性行為によって、皮膚や粘膜を通して感染する病気の総称で、最近ではSTD(Sexually Transmitted Disease:性感染症)という名前以外に、STI(Sexually Transmitted Infection:性感染)と呼ばれることもあります。性病は、性病に感染していない人との性行為では感染しません。
性行為による感染は、異性間だけでなく、同性間の場合もあります。一番大切なことは、不特定多数の人との性行為を避け、しっかりと相手を選ぶことです。

大阪市中央区、難波・心斎橋の産婦人科早川クリニック 性感染症

性感染症の種類

  • クラミジア感染症
  • 性器ヘルペス
  • トリコモナス感染症
  • 毛じらみ
  • HIV感染/エイズ
  • 淋病感染症
  • 尖圭(せんけい)コンジローマ
  • 梅毒
  • 肝炎

スピロヘータ

病原体 疾患 症状・特徴
梅毒トレポネーマ 梅毒
  • 外陰部に初期硬結・無痛性潰瘍、硬性下疳
  • 早期に治療を開始すれば完治するが、進行すると脳神経が侵されることもある

細菌

病原体 疾患 症状・特徴
淋菌 淋菌
  • おりものが増加、外陰部の掻痒感
  • 女性は男性に比べて症状が軽い
  • 進行すると激しい下腹部痛と発熱が起こり不妊の原因になる
デュークレイレンサ桿菌 軟性下疳
  • 外陰・会陰・肛囲に小結節、膿疱 、有痛性 、潰傷
ブドウ球菌
レンサ球菌
大腸菌等
非特異性膣炎
  • おりものが増加
  • 外陰部の掻痒感、灼熱感、疼痛感

クラミジア

病原体 疾患 症状・特徴
クラミジア・トラコマチス
(L1〜3)
第4性病
鼠径リンパ肉芽腫
  • 外陰部の丘疹、水疱、潰傷
  • 発熱などの全身症状を伴う鼠径部のリンパ節の腫張、排膿
クラミジア・トラコマチス
(D〜K)
クラミジア感染症
  • ほとんどが無症状
  • 進行すると尿道炎、卵管炎、子宮内膜炎などを発症
  • 卵管周辺に癒着が生じると不妊原因となる

ウイルス

病原体 疾患 症状・特徴
単純ヘルペスウイルス 性器ヘルペス
  • 外陰部に水疱、有痛性潰傷
  • 発熱の倦怠感などの全身症状
  • 再発しやすい
ヒトパピローマウイルス 尖圭コンジローマ
  • 膣内および膣外に乳頭状の小腫瘍
  • かゆみ、灼熱感
  • 再発しやすい
ヒト免疫不全ウイルス
(HIV)
エイズ
  • 感染後は、多くは無症状
  • 2〜8週後、発熱・リンパ節腫張
  • 免疫不全状態になると日和見感染症、悪性腫瘍を多発し、2〜3年で死に至る
肝炎ウイルス ウイルス性肝炎
  • 初期症状は食欲不振と全身倦怠感
  • 嘔吐・下痢・腹痛などの胃腸症状、黄疸
  • 不顕性感染が多い
成人T細胞白血病ウイルス 成人T細胞白血病
  • 慢性痙性対麻痺、膀胱障害、感覚障害
サイトメガロウイルス サイトメガロウイルス感染症
  • 間質性肺炎、脳炎など重篤な症状
  • 通常は不顕性感染で発症は稀
EBウイルス 伝染性単核症
  • 全身倦怠、発熱、咽頭痛、頚部リンパ節腫脹
  • 扁桃炎(発赤・腫脹し、ときに白苔・偽膜をかぶる)

真菌

病原体 疾患 症状・特徴
カンジダ・アルビカンス 外陰、膣カンジダ症
  • 白色、豆腐状のおりものが増加
  • 外陰部の激しいかゆみ
  • 再発し慢性化すると、完治しにくい

原虫

病原体 疾患 症状・特徴
トリコモナス原虫 膣トリコモナス症
  • 黄色く泡立つおりものが増加、特有の臭気
  • 外陰部のかゆみ、灼熱感
  • 性交時疼痛

寄生虫

病原体 疾患 症状・特徴
毛じらみ 毛じらみ症
  • 外陰部の激しい掻痒感
疥癬虫 疥癬
  • 外陰部の激しい掻痒感

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00
  午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00


△ 16:00〜18:00
▲ 9:30〜12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長のみになります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約