ピルの服用方法・注意点

ピルの服用タイプは、2タイプ「21錠タイプ(21錠で1シート)」と「28錠タイプ「28錠で1シート)」があります。

21錠タイプ

21錠タイプ

1日1錠を矢印の順に21日間飲み、飲み終わったら7日間休みます。
最後の錠剤を飲んでから2?4日後に月経があります。
7日間のお休みが終わったら、次の日から新しいシートを飲み始めます。

28錠タイプ

28錠タイプ

1日1錠を矢印の順に28日間飲み、飲み終わった翌日から続けて新しいシートを飲み始めます。毎日飲む習慣をつけるために1周期分の28錠が入っているタイプです。
最後の7錠は、ホルモンの含まれない錠剤(プラセボ錠)です。プラセボ錠を飲んでいる間に月経があります。

ピルの種類について

ピルには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が含まれていて、その配合比によって、いくつかの種類に分類されます。

一相性ピル

一錠中のホルモンの量が同じ錠剤を服用します。

段階型ピル(二相性ピル、三相性ピル)

女性の生理的なホルモンの変化に合わせて、一錠中のホルモンの量を2段階あるいは3段階に変えた錠剤を服用します(上記のピルは、3種類の錠剤を順に服用する「三相性ピル」になります)。

※いずれも1日1錠を定められた順にしたがって服用します。

服用方法について

初めて服用する場合、通常、月経の初日から飲み始めます。

ピルの服用方法について

月経の始まった最初の日曜日から飲み始める方法もあります。
最初の日曜日が月経の初日とずれがある場合は、1周期目に限って飲み始めの1週間、他の避妊法を併用する必要があります。

病変は骨盤内にあることが多く、子宮の筋層内(子宮のかべ)に病変ができて子宮筋層が肥厚する(子宮のかべが厚くなる)場合は子宮腺筋症といいます。

ピルの効果について

3つの働きにより、避妊効果をあらわします。正しく服用すれば、ほぼ100%避妊できます。

ピルの効果について

服用し始めてからの注意

ピルを服用し始めたら、こんなことに注意しましょう!
  • ピルは、エイズや性感染症を防止するものではありません。これらの感染防止には、コンドームを使用することが大切です。
  • のみ忘れにより妊娠する可能性がありますので、指示された服用方法を守ることが大切です。
  • 月経が2周期続けて来なかったり、説明どおりに服用せずに月経がこないときは、妊娠の可能性もありますので、ただちに医師の診察を受けて下さい。
  • 激しい下痢または嘔吐が続く場合は、薬の成分が吸収されにくくなり、妊娠する可能性が高くなりますので、医師または薬剤師に相談・報告してください。
  • 他の薬を服用する場合には、必ず医師または薬剤師に相談してください。
  • 安全に服用するためには検診がともて大切です。長期間服用する場合には、問診と検診(血圧測定、臨床検査、乳房・腹部の検査)を6ヶ月毎に、子宮頚部の細胞学的診断を1年に1回受けるようにしてください。
飲み忘れに気付いた時は!
のみ忘れが1日の場合

気づいた時点で、ただちに服用して、その日の錠剤も通常どおりに服用しましょう。

2日以上連続してのみ忘れた場合

服用を中止して、次の月経から新しいシートで再び服用を開始しましょう。 中止している間は、他の避妊法を使用しましょう。
(ただし、月経の周期を乱したくない場合は、他の避妊法を併用しながら、そのまま予定通り21日間のみ終えて下さい。)

飲み忘れを防ぐために!

就寝前など、毎日決まった時刻に服用する習慣をつけましょう。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約