避妊方法全般

優れた避妊方法は

現在日本で利用できる避妊法の中で高い効果が得られるのは、避妊手術、OC(低用量経口避妊薬)、銅付加IUD及び黄体ホルモン付加IUD(IUS)です。

避妊手術は、一度手術をおこなうと妊娠の機能を回復することがむずかしい為、将来的に出産を希望する人には、OCもしくは銅付加IUD、IUSによる避妊がおすすめです。

避妊法の種類と避妊効果

基礎体温法

基礎体温を想定することにより排卵期を知り、避妊の目安にする方法です。

メリット
  • 副作用がない
  • 自分の性周期を簡便な方法で知ることもできる
デメリット
  • 毎朝きちんと体温を測定する必要
  • 基礎体温が二相性を示さず、排卵期がはっきりしない人には不向き
  • 発熱、過労などで基礎体温が変動し、排卵期が見つけにくくなる場合がある
  • 単独での避妊効果は高くない(他の避妊法と併用するほうがより確実)
基礎体温法
基礎体温方による排卵期の見つけ方
基礎体温方による排卵期の見つけ方

コンドーム

男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の膣内への放出を防ぐ手軽な避妊法で、わが国では最もポピュラーな方法です。

メリット
  • 利用法が簡単で、特別な知識を必要としない
  • 性感染症の予防にもなる
デメリット
  • 使用法を誤ると失敗率が高い
  • (失敗例) 装着ミス/性交の途中から装着した/性交後の抜き方が悪かった
コンドーム

殺精子剤

性交前に膣内に精子を殺す薬剤を挿入する方法です。
錠剤やフィルム、ゼリーなどがあります。

メリット
  • 簡単で手軽に使える
  • 副作用がほとんどない
デメリット
  • 効果があらわれるまでに5〜10分かかる
  • 有効時間(20分〜60分)以内に射精しなければならない
  • 単独での避妊効果は高くない
    (コンドーム等の他の避妊法と併用するほうがより確実)
殺精子剤

ペッサリー

ゴム製のキャップを子宮口に挿入・装着して、精子の挿入を防ぐ方法です(日本では入手しにくく、ほとんど使用されていません)。

メリット
  • くり返し使用できるので経済的
  • 副作用がない
デメリット
  • 医師にサイズを測定してもらって購入しなければならない
  • 性交のたびに自分で装着しなければならない
  • 正しく装着しないと、失敗率が高い
ペッサリー

OC(低用量経口避妊薬)

OCとは「Oral Contraceptives」の略で、「低用量経口避妊薬」または「低用量ピル」のことをいいます。

詳しくは以下をご覧下さい。
 OC・低用量ピル

OC(低用量経口避妊薬)

避妊手術

手術で卵子や精子の通路をふさぎ、妊娠を防ぐ方法です。

女性の避妊手術

女性の手術
卵管を糸で結ぶ、あるいは切断・切除する

男性の避妊手術

男性の手術
精管糸で結ぶ、あるいは、切断・切除する

メリット
  • 一度手術をすれば、避妊効果は持続する
デメリット
  • 一度手術すると、妊娠を望んでも再び妊娠することはほぼ不可能

銅付加IUD(子宮内避妊用具)

主にプラスチック製の器具を子宮内に挿入し、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ方法です。

メリット
  • (1〜1.5年)使用できる
  • 使用感がほとんどない
  • 授乳中でも使用可能
デメリット
  • 医師の介入を必要とする
  • 人により経血量の増加、不正出血などがみられる
  • 子宮に異常のある場合は使用できない
銅付加IUD(子宮内避妊用具)

黄体ホルモン付加IUD(IUS)

IUSとは、「Intrauterine Contraceptive System」の略で、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内避妊システムです。 OC(低用量経口避妊薬)に匹敵する高い避妊効果と、IUD(子宮内避妊用具)の長期にわたる避妊という2つの特徴を併せ持っている避妊法です。

黄体ホルモン付加IUD(IUS))
メリット
  • 一度挿入すれば、数年にわたり避妊が可能
  • 月経量が減少し、月経痛が改善される場合がある
  • 全身へのホルモン作用が少ない
デメリット
  • 医師による装着、除去が必要である
  • 妊娠・出産の経験のない女性は、医師に相談する必要がある
  • 装着後初期に月経時期以外の出血が続くことがある

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00
  午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00


△ 16:00〜18:00
▲ 9:30〜12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長のみになります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約