ヘルペスとは

ヘルペスは、ウイルスによる感染症です。ヘルペスウイルスによる代表的な病気に、口唇ヘルペス性器ヘルペス水ぼうそう帯状疱疹(たいじょうほうしん)があります。

「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態のことをいいます。 これは、「ヘルペスウイルス」による感染症で、人間に感染するヘルペスウイルスは8種類が知られています。

感染するウイルスにより症状はさまざまで、代表的な病気に、「単純ヘルペスウイルス」による口唇ヘルペス、性器ヘルペス、「水痘・帯状疱疹ウイルス」による水ぼうそうや帯状疱疹があります。

大阪市中央区、難波・心斎橋の産婦人科早川クリニック ヘルペス

ヘルペスウイルスは、とても身近なウイルスです

「ヘルペス」と聞くとこわい病気のように思えるかもしれませんが、誰もが感染している一般的なウイルスです。
たとえば、水ぼうそうはほとんどの人が子供のころにかかったことがあるでしょう。

また、単純ヘルペスウイルス1型には50〜70%、2型には5〜10%の日本人が感染していると言われています。
ヘルペスウイルスは、感染していても普段は症状が出ない人も多いのです。

単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルスは、体のどの場所にも感染し、皮膚に水ぶくれを起こします。
代表的なものとして、唇の周辺にできる「口唇ヘルペス」と、性器周辺にできる「性器ヘルペス」があります。

症状としては、小さな水ぶくれがいくつかできて、痛がゆい状態が続きます。やがて水ぶくれが破れてかさぶたになると1〜2週間ほどで治ります。

治療には、主に抗ヘルペスウイルス薬(=抗ヘルペスウイルス剤)が使われます。
その後も風邪で熱を出したり、疲れたりすると再発することがあります。このことから口唇ヘルペスは「熱の華」などと呼ばれることもあります。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00
  午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00


△ 16:00〜18:00
▲ 9:30〜12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長のみになります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約