子宮内膜症

子宮内膜症とは
(子宮腺筋症や卵巣チョコレートのう腫など)

生理痛を引き起こす代表的な婦人科疾患で、最近は晩婚化、少子化など女性のライフスタイルの変化に伴い、年々増加傾向にあります。
月経のある女性の5?10%にみられると推定されており、婦人科の中では気付かれずに放置されていることが多い病気です。

内膜症とは、もともと子宮内腔で生理をおこす子宮内膜という組織が、まったく違う場所に存在することによって、そこで増殖発達していく病気で、良性ですが進行性の病気です。

卵巣チョコレートのう腫

卵巣チョコレートのう腫

正常な子宮内膜は女性ホルモンの働きにより、毎月増殖し剥離して出血することで生理を起こしていますが、内膜症という病気では、この内膜組織が卵巣や腸、腹膜などに付着し、その場所で増殖・出血することで、腹痛、腰痛、排便痛などの痛みの原因になったり、卵巣にその出血が貯留するとチョコレートのう腫ができ卵巣が腫れる原因にもなります。

生理の周期によって病状が変化し、徐々に進行していく事が多いので、最近、以前に比べ生理痛が悪化してきた等の変化が有る場合は要注意です。

病変は骨盤内にあることが多く、子宮の筋層内(子宮のかべ)に病変ができて子宮筋層が肥厚する(子宮のかべが厚くなる)場合は子宮腺筋症といいます。

子宮筋腫と似た形をしており、よく似た症状を引き起こしますが、筋腫の場合のような境界がはっきしたこぶではなく、散在するようにみられます。なかには子宮筋 腫と子宮腺筋症が同じ場所に合併しているケースもあります。

子宮腺筋症

子宮腺筋症

卵巣に病変ができた場合は、生理のたびに卵巣内や周囲に出血がおこりそれが貯留すると卵巣チョコレートのう腫ができ卵巣が腫れてきます。また、腸にも病変ができることがあり、排便痛や生理中に下血(排便時に出血)を伴う腸内膜症というものもあります。

子宮内膜症の主な症状

月経困難症・生理痛

子宮内膜症の症状のうち、最も多いのが生理痛です。生理中やその直前・直後に激しい下腹痛・腰痛などがあり、日常生活にも支障を来すことがあります。

下腹痛・腰痛・排便時痛

生理に伴っておきる場合もありますが、生理以外の時でも症状がでる人もいます。排便時の痛みや下血(排便時に出血)などもあります。

性交痛

性交時に痛みをともなうことがあります。性交痛は一般に生理前に強くなることが多いですが、痛みの程度は人によって違います。また、ある特定の部分に接触すると痛みが増強することもあります。

月経過多

生理の経血量が多くなり、血のかたまりが多量に出たり、ナプキン等を頻回に交換しなければならなくなったりし、貧血になる人もいます。一般的な内膜症でも起こりますが、子宮腺筋症の場合におこることが多いです。

しこりが触れる

子宮腺筋症などでは、子宮が大きくなり、腹部前面に突出してくると堅いしこりを触れることもあります。生理前や仰向けに寝ている時に気付くことがあります。

不妊症

不妊症は、子宮内膜症の重要な症状のひとつです。不妊症の約50%に子宮内膜症が存在されるとされています。症状がないにもかかわらず、しらないあいだに子宮内膜症が進行し不妊症になっている方もいます。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療は、個人の症状や年齢、ライフスタイルによって多くの選択肢があります。一般的な治療は大きく分けて「薬物療法」と「外科的治療」にわかれます。

薬物療法

病変を小さくしたり、症状を改善する目的で、低用量ピル(商品名ルナベル)、黄体ホルモン治療薬(ディナゲスト)や女性ホルモンを一時的に抑え、生理をある一定期間止めるGnRHアゴニスト(商品名、スプレキュア、ナサニールなど)があります。

当クリニックでは、多くの治療法の中から、個人にあった治療をご本人と相談しながら、一緒に探していきます。
よく医師からの話を聞きていただき、自分の希望とライフスタイルにあった治療を納得したうえで受けられることが大切です。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約