子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは子宮の壁にできる良性の腫瘍(こぶ)です。
子宮筋腫を持っている人は非常に多く、2〜3人に1人は大なり小なり筋腫を持っていると言われています。
発生の原因はまだ明らかなっていませんが、女性ホルモンであるエストロゲンは関与しており、閉経後には自然に小さくなっていきます。

大阪市中央区、難波・心斎橋の産婦人科早川クリニック 子宮筋腫

筋腫の主な症状

過多月経

生理の出血が多く、頻回にナプキン等を交換しなければならず、レバー状の塊などが混じることがあります。
また、生理の期間も長くなることもあります。

貧血

過多月経による出血多量にて貧血がおこり、動悸、めまい、息切れ、疲れ易いなどの症状がみられる。健康診断等で貧血を指摘され婦人科を紹介され、子宮筋腫が見つかるということも非常に多いです。

圧迫症状(頻尿、腰痛、便秘)

筋腫が大きくなると周囲の臓器を圧迫します、子宮のどの位置にできるかによって違いが大きくありますが、膀胱の圧迫によっては頻回に尿意をもよおす頻尿や腸圧迫による便秘、腰椎の圧迫では腰痛や足の神経痛、しびれなどをおこします。

下腹の腫瘤感(しこり)

筋腫が大きくなり、腹部全面に突出してくると堅いしこりを触れることもあります。生理前や仰向けに寝ている時に気付くことがあります。

おりものの増加

子宮筋腫の子宮内腔にできるタイプ(粘膜下筋腫)では、筋腫の表面から粘液などが分泌されるため、おりものが増加したり、色や血が混ざったりします。

子宮筋腫の治療法

子宮筋腫の治療は、個人の症状や年齢、ライフスタイルによって多くの選択肢があります。
一般的な治療は、大きく分けて「薬物療法」と「外科的治療」にわかれます。

薬物療法

筋腫を小さくしたり、症状を改善する目的で、女性ホルモンを一時的に抑え、生理をある一定期間止めるGnRHアゴニスト(商品名、スプレキュア、ナサニールなど)がよく使われます。
また、過多月経(出血)のコントロールには、低〜中用量のピル等も使用することがあります。

手術療法

筋腫だけを(病変のみ)を摘出して子宮を温存する子宮筋腫核出術、また、年齢や状態によっては子宮全体をとる子宮全摘出術もあります。
手術以外にも、筋腫の栄養血管を人工的に詰まらせて筋腫を小さくする子宮動脈塞栓術(UAE)や過多月経の治療には子宮内腔に徐放性のホルモン剤付きの子宮内リング(商品名:ミレーナ)もあります。

当クリニックでは、多くの治療法の中から、個人にあった治療をご本人と相談しながら、一緒に探していきます。
よく医師からの話を聞きていただき、自分の希望とライフスタイルにあった治療を納得したうえで受けられることが大切です。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00
  午前診
9:30〜12:40
午後診
15:15〜18:00


△ 16:00〜18:00
▲ 9:30〜12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長のみになります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約