緊急避妊(アフターピル)

緊急避妊ピル、性交後ピル、事後ピルなどとも呼ばれ、「避妊しないでのSEX」や「SEX中にコンドームが破けた」など妊娠の可能性のある場合に、緊急の手段として使われる緊急避妊法です。

緊急避妊薬は、性交後に避妊目的で服用するホルモン剤のことです。いわば避妊(妊娠を望まない場合)の最終手段になります。一般に「アフターピル」、「モーニングアフターピル」などとも呼ばれています。

心配な性交渉があれば、72時間(3日間)以内に緊急避妊用の薬(アフターピル)を服用すれば、避妊効果があります。

緊急避妊(アフターピル)

費用:12,500円(診察代・避妊指導・薬代含む)

新しい緊急避妊薬であるノルレボ錠が厚生労働省から認可承認されました、従来の緊急避妊法(ヤッペ法)に比べ、効果に優れ、副作用もかなり少なくなくなりました。 心配なことがあるようでしたら早川クリニックにお気軽にご相談下さい。

新しい緊急避妊法(レボノルゲストレル法=ノルレボ錠など)とは?

ノルレボ錠とは、世界約50カ国で使用されている緊急避妊薬(アフターピル)です。1999年にフランスで初めて承認され、世界保健機関(WHO)から緊急避妊目的の必須医薬品に指定されている薬です。
日本では、2011年に厚生労働省から認可がおりました。
ノルレボ錠は、従来の緊急避妊薬に比べ、避妊効果に優れたアフターピルで、一回の服用で済むため、副作用もかなり軽減されています。

  新しい緊急避妊薬
(ノルレボ錠など)
今までの緊急避妊薬
(ヤッペ法)
飲み方 性交後72時間以内に
1回だけ服用
性交後72時間以内に
1回、その12時間後に
2回目を服用
避妊効果
(妊娠阻止率)
85% 57%
副作用 吐き気 9.2% 50.1%
嘔吐 0% 14.8%
厚労省の認可 承認 未承認
費用 ¥12,000~¥18,500 ¥8,000

※当院では、避妊効果に優れ副作用も少ないノルレボ錠による緊急避妊法をお勧めしています。

費用:12,500円(診察代・避妊指導・薬代含む)

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約