性器ヘルペス

GH(性器ヘルペス)とは、主に単純ヘルペスウイルス2型が原因で、性器やお尻の周辺に水ぶくれができる病気です。
性的な接触によってウイルスが感染する、性感染症の一つです。
GHはありふれた病気。悩んでいるのは決してあなた一人ではありません。

GH(性器ヘルペス)ってどんな病気?

原因はウイルス

GHの原因である単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類あり、主に下半身に症状が出るもの(GHを引き起こす2型)と、口唇や顔面など上半身に症状が出るもの(口唇ヘルペスを引き起こす1型)があります。

このウイルスの特徴は、最初の感染(初感染)後に免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返すということです。

初感染と再発

単純ヘルペスウイルスにはじめて感染することを初感染といいます。 おそらく、皮膚や粘膜にできた目に見えないくらいの小さな傷からうつるものと思われます。

先に口唇ヘルペスに感染していた人が、新たにGHに感染したときは明らかな症状が出るケースは少ないのですが、はじめてGHに感染したときはひどい症状が出ます。

そしてヘルペスウイルスは、腰仙骨神経節(腰のあたりの神経の根元)の神経細胞にすみついてしまいます。神経細胞ではじっと(潜伏感染)していてとくに悪さはしません。

ところが何らかの刺激があると再び暴れ出し、神経を伝って皮膚や粘膜に出てきて病変をつくります。これを再発と呼んでいます。ヘルペスという病気のやっかいなところは、しばしば再発を繰り返すことです。

どこからうつったの?

GH(性器ヘルペス)は人との接触によって感染します。その原因は、ヘルペスウイルスの一種、単純ヘルペスウイルス。感染しても症状が出ないこともあり、感染に気づかない人もいます。症状のあるときはもちろん、ないときでも、ヘルペスウイルスが性器の表面に出てきていることがあり、他の人にうつる可能性があります。

GH(性器ヘルペス)は接触によってうつります

初感染の場合は、主に性行為でうつります。風邪などのような飛沫感染ではありません。セックスの相手の性器にできていたヘルペス(単純ヘルペスウイルス2型が多い)が主な原因となります。

また、口唇ヘルペスのウイルス(単純ヘルペスウイルス1型が多い)が性器に感染し、GHを発症することもありますので、口唇ヘルペスを発症している場合は、オーラルセックスは避けましょう。

自分の口唇ヘルペスを手でさわるなどして性器にうつしてしまうことも、ときにはあります。ウイルスがついたタオルや西洋式便座でうつることがありますが、お風呂などからうつることはほとんどないと考えられます。

症状が出ていなくてもパートナーにうつる可能性があります

症状が出ていないときでも、性器の皮膚や粘 膜にウイルスが出てきている場合があります。実際には、パートナーへの感染は、このようなときに起こることが多いようです。 アメリカでの調査によると、 パートナーへのGH感染の約7割は、感染源となった方に症状の自覚がないときに起こっていました。

どういう症状がでるの?

GH(性器ヘルペス)の症状は、性器に赤いブツブツや水ぶくれ、かいよう(皮膚のただれ)ができます。
はじめてかかったときには強い痛みや発熱を伴うことが多いのに対し、再発の場合は小さな水ぶくれやかいようができるだけの、軽い症状ですむことが多いようです。

女性の発症部位 男性の発症部位
外陰、膣の入り口とお尻にみられます。患部は子宮頸部に及ぶこともあります。 亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部、お尻に最もよくみられます。

※他に、多くはありませんが、男女ともに肛門、太ももにみられることもあります。

初感染の症状は?

セックスなどで感染してから4?10日の潜伏期をおいて発症します。
38℃以上の発熱がみられることもあります。

急に感染部位に痛痒さを感じます。感染部位に最初は水ぶくれができ、間もなくつぶれて、かいよう性の(ただれたようになる)病変がたくさんできます。
女性では、とても痛くて排尿ができないほどになります。脚のつけ根のリンパ節(ぐりぐり)がはれて痛くなります。

女性の場合、ヘルペスウイルスの冒す範囲は、外陰部だけでなく、膀胱や子宮などにも及びます。ときに、このウイルスは髄膜にまで達して髄膜炎を起こすことも知られています。こうなると、とても強い頭痛がし、尿が出なくなります。

何の治療もしないと治るまでには3週間かかりますが、きちんと治療すると1週間くらいで治すことができます。

初感染の特徴的な症状
  1. セックスなどで感染してから4?10日間で発症します。
  2. ひりひり感、むずがゆさ、灼熱感、痛みなどを感じます。
  3. 赤いブツブツができ、水ぶくれになり、それが破れてかいようを形成します。
  4. 激しい痛みがあります(女性は排尿時に痛みを伴います)。

再発の症状は?

ひどい症状の初感染が治ってからしばらくして(1?12ヵ月くらい)、再び感染部位に病変をつくることがありますが、多くの場合、初感染のひどい症状を経験しないで軽い再発の症状から始まります。

再発の症状は軽く、痛みもあまり強くはありません。 一般的には小さいかいようや水疱が数個できる程度ですが、ときには、ややひどい症状となることもあります。

再発する前に神経痛のような症状が出たり、局所に違和感(ムズムズするような感じ)を感じることもあります。
再発は、体の奥に潜んでいたヘルペスウイルスが、いろいろなきっかけで暴れ出すものですから、この場合は他人からうつったものではありません。心身の疲労や、女性では月経前に再発することが多いようです。

再発の兆候
  • 痛み
  • 灼熱感
  • むずがゆさ
  • ひりひり感

再発のきっかけと前兆

GH(性器ヘルペス)でやっかいなのが再発です。
単純ヘルペスウイルス2型にかかったときは1年以内に8割以上が再発しています。1型にかかったときは2割くらいのようです。再発の頻度は1ヵ月に何回となく再発する人もいますが、年に一度くらいの人もいます。

再発は、心身の疲労やストレスがきっかけとなるので心身の安静に心がけてください。
ただ、あまり神経質になって再発でないのに再発と思いこんでいる人もかなりいるようです。症状があったら、お医者さんに行って正しく診断してもらいましょう。

再発のきっかけは以下の2つがあります
肉体的な原因 免疫力の低下や局所的な損傷などが再発の引き金となります。
(例)
  • 疲労
  • 他の性器感染症(局所の皮膚領域を冒す)
  • 月経前
  • アルコール多飲
  • 強い日光への曝露
  • 免疫低下状態(体の免疫が正常に機能しない状態)
  • 長時間のストレス
  • 紫外線
  • セックスによる皮膚の摩擦や損傷など
精神的な原因 長時間のストレスが度重なる再発を引き起こすことがあります。
再発した結果としてストレスや不安を経験することもよくあります。
再発には前兆があります

約8割の方が、GH(性器ヘルペス)の再発の前に前兆を感じています。

前兆は人によって違いますが、よくみられるものとしては、「ムズムズ・ヒリヒリ」、「軽い痒み」などが挙げられます。

GH(性器ヘルペス)は早く治療を開始するほど軽い症状に抑えることができます。再発の兆しがみられたら、できるだけ早く受診するようにしましょう。

どうやって治療するの?

潜伏するヘルペスウイルスまでは現代医学をもってしても退治することはできません。でも、暴れているウイルスの増殖を抑えたり、あらわれている症状を抑えたりすることはできます。症状が出てしまった場合には、適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状はそれだけ軽くすみますし、回復も早くなります。

また、GH(性器ヘルペス)は再発を繰り返すのが特徴で、患者さんは症状の辛さに加え、「いつ再発するかわからない」、「パートナーにうつしてしまうかもしれない」などの不安も感じています。この繰り返す再発に対し、毎日お薬を飲んで、症状が現れる前にウイルスの増殖を抑えられるようにする治療法もあります。

初感染で重症の場合には入院が必要です

はじめてGH(性器ヘルペス)にかかった場合、患部の痛みが激しく排尿もできないほどであったり、頭痛や高熱が続くなど全身的な症状があるときには、医療機関(病院や医院)に入院して治療することが必要です。

再発の人も、まずは専門医に相談しましょう

症状の軽い再発でも、前兆を感じたら、あるいは症状が出たらできるだけ早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。
治療にあたってはウイルスが増えるのを抑えるお薬(抗ヘルペスウイルス薬)を使うことが最も効果的です。
医師は効果と使いやすさを考えて症状にあった抗ヘルペスウイルス薬を選択し、その他の状況に応じて痛み止め、ビタミン剤、抗生物質などで治療します。何はともあれ、早めの治療が功を奏します。再発のきざしがあったらどのような処置をすべきかについて、医師に相談して指導を受けておくとよいでしょう。

また、症状が出たときに飲むお薬(抗ヘルペスウイルス薬)を毎日少量飲むことによって、お薬を飲んでいる期間は再発をしにくくする治療法もあります。この治療法は、「再発抑制療法」と呼ばれています。頻繁に再発を繰り返すような人は、「再発抑制療法」について、医師に相談してみましょう。

治療薬について

GH(性器ヘルペス)の治療には、主に「抗ヘルペスウイルス薬(=抗ヘルペスウイルス剤)」と呼ばれるお薬が使われます。
抗ヘルペスウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える働きがあります。

GHの治療に用いられる抗ヘルペスウイルス薬の種類には、飲み薬(錠剤または顆粒)、塗り薬(軟膏またはクリーム)があり、症状が出ている場所や程度などにより使い分けられています。また、この他に入院治療の際に点滴が用いられることもあります。

私どものクリニックは、日本でも数少ないヘルペス(性器ヘルペス)の臨床研究機関としても活動しております。近隣の医療機関からの紹介や相談に来院するケースも多く年間400人前後のヘルペス患者が訪れ、1993年から2007年までで6246例のヘルペスの患者さんの治療に関わってきました。

お薬の一般名 剤形 症状があるときの標準的な使われ方
バラシクロビル 錠剤・顆粒 1回1錠または顆粒1gを1日2回、5日間服用する(成人)。
アシクロビル 錠剤・顆粒 1回1錠または顆粒0.5gを1日5回、5日間服用する(成人)。
軟膏・クリーム 患部に適量を1日数回、7日間塗布する。
ビタラビン 軟膏・クリーム 患部に適量を1日1?4回、7日間塗布または貼付する。

※症状の程度などによって、お薬の量や服用回数・日数が変わることがあります。

新しい診断方法や新薬について臨床研究と臨床的治験を行い、新聞雑誌などのメディアはもちろん、ヘルペスに関する多くの学会・医学論文発表をしております。 性器ヘルペスに悩まれている方は非常に多いです。症状に悩まれている方は、来院の上、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちらから

診療時間 日・祝
午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00
  午前診
9:30~12:40
午後診
15:15~18:00


△ 16:00~18:00
▲ 9:30~12:00
※休診日:日・祝
※水曜日の午後は、早川潤副院長・女性医師となります。
※木曜日の午前は、早川院長のみになります。

大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科・内科・泌尿器科 早川クリニック電話番号0662452100
大阪市中央区心斎橋難波の産婦人科 早川クリニック インターネット予約