生理不順

生理が始まった日から次の生理の前日までの日数を月経周期(生理周期)と言います。

 

正常な生理の周期は、25日~38日と言われています。
生理の周期には、脳や卵巣からの女性ホルモンが、重要な働きを担っていますが、これらホルモンのバランスは非常にデリケートで、生活リズムの乱れ、ダイエット、過度の運動、ストレスや環境の変化によって大きく影響を受けますので、その結果生理不順になります。

 

canstockphoto20411411生理(月経)が23日以内に早く起きてしまう事を「頻発月経」、39日以上遅く起きてしまう事を「稀発月経」と言います。
また、生理(月経)が90日以上起きない事を「無月経」と言います。

生理が無いまま放置していると、子宮や卵巣の機能自体に支障を来し、将来、不妊の原因になったり、女性ホルモンの低下で骨粗鬆症、動脈硬化、高脂血症、コレステロール・中性脂肪の増加など、体内面の病気にも繋がって来ます。

 

生理を起す女性ホルモン(特にエストロゲン)は、皮膚や髪の毛など女性の外見上にも大きく影響しています。肌荒れやニキビ、脱毛、白髪など美容上のトラブルも生理不順やホルモンの乱れが起因している事も多く見受けられます。

 

生理不順を甘く考えずに、症状が気になる場合は、気軽に婦人科に相談して下さい。

この記事が書かれた日:2015年11月27日

カテゴリ:生理, 生理痛